Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □Promise SATA150 TX4 のインストール

□Promise SATA150 TX4 のインストール

参考URL:
http://www.promise.com/support/download/download2_eng.asp?productId=98&category=driver&os=4

そろそろシリアルATAでそろえようかなと試してみました。

unzip ./package/2_SATALINUXSRC1.00.0.8.zip
cd ultra-1.0.8/

で、README を読むと、どうやらモジュールでしかだめらしいので、素直に
指示に従ってとりあえず make してみる。

make clean
make
make install

すると、モジュールが

/lib/modules/2.4.20/kernel/drivers/scsi

とかにはいるらしいので、あとは

insmod pdc-ultra

とすると、あれれSCSIデバイスとして入っちゃったよ。
UATA100-TX2とかだと普通にIDEデバイスとして認識していたのになぁ…
起動時の情報を dmesg とかで見てみると

:
:
> PROMISE SATA150 Series Linux Driver v1.00.0.8
> pdc-ultra:[info] Drive 1: HDS722512VLSA80 241254719s 123522MB UDMA5
> pdc-ultra:[info] Drive 3: HDS722512VLSA80 241254719s 123522MB UDMA5
> pdc-ultra:[info] Drive 5: HDS722512VLSA80 241254719s 123522MB UDMA5
> scsi2 : pdc-ultra
> Vendor: Model: HDS722512VLSA80 Rev:
> Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02
> Vendor: Model: HDS722512VLSA80 Rev:
> Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02
> Vendor: Model: HDS722512VLSA80 Rev:
> Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 02
> Attached scsi disk sdb at scsi2, channel 0, id 0, lun 0
> Attached scsi disk sdc at scsi2, channel 0, id 2, lun 0
> Attached scsi disk sdd at scsi2, channel 0, id 4, lun 0
> SCSI device sdb: 241254720 512-byte hdwr sectors (123522 MB)
> sdb: unknown partition table
> SCSI device sdc: 241254720 512-byte hdwr sectors (123522 MB)
> sdc: unknown partition table
> SCSI device sdd: 241254720 512-byte hdwr sectors (123522 MB)
> sdd: unknown partition table
> scsi : 2 hosts left.
:
:

と、とりあえずちゃんと入るようなので、/etc/rc.modules に追加して
おきますかね。

/sbin/modprobe pdc-ultra

で、ためしに hdparmしてみましょう。
買ってきたのは日立IBMの最新SATA-HDD(上記のとおり)です。比較対照の
ために、システムに使っている1万回転のSCSI-HDDも計ってみました。

> scsi1 : sym53c8xx-1.7.3c-20010512
> Vendor: IBM Model: DDYS-T18350N Rev: S80D
> Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 03

これね。

> /dev/sda: こちらがほんとのSCSI-HDD
> Timing buffered disk reads: 104 MB in 3.03 seconds = 34.32 MB/sec
>
> /dev/sdb: こちらはTX4につけたSATA-HDD
> Timing buffered disk reads: 170 MB in 3.00 seconds = 56.67 MB/sec

がびーん… またIDE-HDDが勝った。

ちなみに全体的にちょっと速い(P3-1GHz x 2, 66MHz PCI-BUS, S-ATA)ので、
HDDの能力を更に引き出せているんだと思いますが…

さて、続いて ./Bonnie の結果。まずはSTAT-HDD単体

> ——-Sequential Output——– —Sequential Input– –Random–
> -Per Char- –Block— -Rewrite– -Per Char- –Block— –Seeks—
> Machine MB K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU /sec %CPU
> 100 14244 100.0 162650 100.1 130486 99.4 14784 99.9 254190 99.3 20594.5 200.8

さらに2台をRAID-0にして試してみます。(3台用意した)

/sbin/mdadm -C /dev/md0 -l0 -n2 /dev/sd[cd]
/sbin/mke2fs /dev/md0
mount /dev/md0 /mnt

として、hdparm と Bonnie の結果を見ると、

> /dev/md0:
> Timing buffered disk reads: 280 MB in 3.01 seconds = 93.02 MB/sec

> ——-Sequential Output——– —Sequential Input– –Random–
> -Per Char- –Block— -Rewrite– -Per Char- –Block— –Seeks—
> Machine MB K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU /sec %CPU
> 100 14241 100.1 159919 99.9 130516 100.7 14784 99.9 254775 102.0 20334.4 198.3

おー、ついに見えてきた! 100MB/sが!

今度は3台構成のRAID-0にしてみます。

> /dev/md0:
> Timing buffered disk reads: 282 MB in 3.02 seconds = 93.38 MB/sec

> ——-Sequential Output——– —Sequential Input– –Random–
> -Per Char- –Block— -Rewrite– -Per Char- –Block— –Seeks—
> Machine MB K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU K/sec %CPU /sec %CPU
> 100 13580 100.3 132478 104.8 112722 101.3 14652 101.3 254525 99.4 20540.3 195.1

あれー、単純計算で100MB/sを超えるはずだったのに…どこかが完全に
ボトルネックになっているということですね。TX-4を挿しているのは
32bit 66MHz PCI ですので、計算上は

32bit ÷ 8bit(=1byte) × 66MHz = 264MByte/s

くらいまでは出るはずなのですが。仮に 33MHz 動作であっても133MB/s
までは理論上行くはずなのになぁ… というか頭打ちというのが納得が
できないですね。

このカードでRAIDを組む場合には、ドライバーがモジュール形式なので
rc.modules でモジュールを読み込んだあとで


> # enable SoftwareRAID
> /sbin/mdadm -As

としないといけません。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です