Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □VineLinuxでIPv6『ルーター』にするメモ

□VineLinuxでIPv6『ルーター』にするメモ

□VineLinuxでIPv6『ルーター』にするメモ

IPv6の設定はいまやそんなに難しくないけど、いざルーターにしようとすると、ネット上には数年前の情報が氾濫していてちょっととまどう。

というか自分が戸惑ったんだけど、というのもIPv4でいうip_forward=1の設定をどこでしたらいいのか判らなかったのです。

そんなの

echo “1” > /proc/sys/net/ipv6/conf/all/forwarding

じゃん、といわれればそれまでなんですが、

/etc/init.d/network restart

とかすると、

Global ipv6 forwarding is disabled …

とか怒られちゃうんです。

emacs /etc/sysctl.conf

> net.ipv6.conf.default.forwarding = 1

とか書いておけば一応設定は有効になってくれるんだけど、でもすっきりしない。

のでいろいろ調べてみると『Vine LinuxでIPv6を使う方法』にはカーネル起動時にパラメータを渡せとあるので、これでもいいのかもしれないけどなんか違う。

で、/etc/sysconfig/network-scripts/ の中のファイルをいろいろ見ていたら、

/etc/sysconfig/network-scripts/ifdown-ipv6

で、とりあえずいったん全てforwarding=0にしていることが判った。

さらに

/etc/sysconfig/network-scripts/init.ipv6-global

をみてたら、IPV6FORWARDINGという変数を見ている。

うんうん、これは上述の使う方法にも書いてある。

でもgrubメニューに書くのはなーと思っていたら、よくよくスクリプトを読むと

> #
> # Called by hooks from /etc/[rc.d/]init.d/network
> #
> # Uses following information from /etc/sysconfig/network:
> #  IPV6FORWARDING=yes|no: controls global IPv6 forwarding (default: no)
> #  IPV6_AUTOCONF=yes|no: controls global automatic IPv6 configuration
> #   (default: yes if IPV6FORWARDING=no, no if IPV6FORWARDING=yes)
> #  IPV6_AUTOTUNNEL=yes|no: controls automatic IPv6 tunneling (default: no)
> #  IPV6_DEFAULTGW=<ipv6address[%interface]> [optional]
> #  IPV6_DEFAULTDEV=<interface> [optional]
> #

と書いてあって、要するに /etc/sysconfig/networkに

IPV6FORWARDING=yes

と書けと…。

やっとたどり着きました。ちゃんちゃん。(^-^;

 

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です