Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □tinyDNS

□tinyDNS

参考URL:
http://djbdns.qmail.jp/ まぁ外せない定番
http://quox.org/tips/server/tinydns.html tinyDNS が判りやすい
http://quox.org/tips/server/daemontools.html daemontools が同上

DNSサーバーソフトとして、tinyDNS という選択肢もある。
但しこのソフトはキャッシュDNS部分とリアル?DNS部分が
分離しているので注意。(普通は使わないかな!?)

tinyDNS を使うには、daemontools の使用が前提となっている。
そんなわけで、まず daemontools をインストール。

cd /usr/src/
tar xvzf ./package/daemontools-0.76.tar.gz
mv admin/daemontools-0.76/ ./
rm -r admin
cd ./daemontools-0.76/
./package/install

続いて djbDNS(tinyDNS)をインストール

tar xvzf package/djbdns-1.05.tar.gz
cd djbdns-1.05/
make
make setup check

tinydns と dnslog のユーザーIDを追加してから、

tinydns-conf tinydns dnslog /var/tinydns xxx.xxx.xxx.xxx

とすると、/var/tinydns というディレクトリの中にデーモン情報が
吐き出されるので、これに対して

ln -s /var/tinydns /service

として、シンボリックリンクを張る。

したらテスト用のデータを入れてみましょう。

ln -s /var/tinydns /service
cd /service/tinydns/root
./add-ns hogehoge.local 192.168.0.1
./add-host www.hogehoge.local 192.168.0.80
./add-host ftp.hogehoge.local 192.168.0.21
./add-host mail.hogehoge.local 192.168.0.110
./add-alias pop3.hogehoge.local 192.168.0.110
./add-mx mail.hogehoge.local 192.168.0.110
make

ポイントは、カレントディレクトリを /service/tinydns/root に
移動しなければならないということ。で、make を忘れずに!

./add-ns hogehoge.local
./add-host www.hogehoge.local 192.168.0.80
./add-host ftp.hogehoge.local 192.168.0.21
./add-host mail.hogehoge.local 192.168.0.110
./add-alias pop3.hogehoge.local 192.168.0.110
./add-mx mail.hogehoge.local 192.168.0.110
make

で、dnsq で検索してみて出てきたらOK。

dnsq a www.hogehoge.local xxx.xxx.xxx.xxx

あとは daemontools を起動時にちゃんと動くようにしてやればOK。
/etc/rc.d/rc.local の最後にでもに下記のように追加

> if [ -x /usr/local/bin/svscan ]; then
>?? echo “[MyDNS.JP] daemontools start!”
>?? /usr/local/bin/svscan /service &
> fi

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です