Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □netatalk-2 で Mac と仲良く

□netatalk-2 で Mac と仲良く

参考URL:
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hat/netatalk/

netatalk-2.0.x が出ましたので、挙動がおかしいβ版をやめてちゃんと
いれましょう。ていうか、ほとんどのことは参考URLに書いてあります。
感謝感謝!

1.まずは berkeley DB

RedHat9 では Berkeley DB が4.0.xなので、netatalk-2.0.x では make
どころか configure すらできません。なので、まずは Berkeley DB の
新しいバージョンをインストールします。

http://www.oracle.com/database/berkeley-db/index.html

から取ってきます。

tar xvzf package/db-4.7.25.tar.gz
cd db-4.7.25/
cd build_unix/
../dist/configure –prefix=/usr
make
make install

※RedHat9 なら –with-mutex=”x86/gcc-assembly” は必須

–prefix を指定しないと /usr/local/BerkeleyDB.x.x の下に入ります。
別の場所に入れたかったら上記のように –prefix= で変えて下さい。

そしたら

/sbin/ldconfig
/sbin/ldconfig -p | grep libdb

として、berkeleyDB が入っていることを確認します。
prefix を指定してなければ /usr/local/BerkeleyDB.x.x に入ったので、
/etc/ld.so.conf にこのパスを追記しておきます。

2.続いて netatalk-2.0.x

http://netatalk.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1042041&group_id=8642&atid=308642
http://www003.upp.so-net.ne.jp/hat/netatalk/cjk.html

ここから netatalk-2 最新版と cjk、non-ascii-volume、catsearch-terminator
のそれぞれのパッチ、そして utf8.c、util_unistr.cを取ってきます。

tar xvzf package/netatalk-2.0.3.tar.gz
gzip -d package/netatalk-2.0.3-cjk-2.patch.gz
gzip -d package/non-ascii-volume.patch.gz
gzip -d package/catsearch-terminator.patch.gz
cd ./netatalk-2.0.3
patch -p1 < /usr/src/package/netatalk-2.0.3-cjk-2.patch
cd ./etc/afpd/
patch -p1 < /usr/src/package/non-ascii-volume.patch
patch -p1 < /usr/src/package/catsearch-terminator.patch

パッチが当たったら

cd /usr/src/netatalk-2.0.3/libatalk/unicode
cp /usr/src/package/utf8.c ./
cp /usr/src/package/util_unistr.c ./

./configure \
–with-bdb=/usr \
–sysconfdir=/etc \
–with-logfile=/var/log/netatalk.log
make
make install

して、入ったら

/etc/init.d/atalk start

してみましょ。

漢字コードとかクリエーターの問題とかがかなりクリアされています。

ちなみに db-4.5.x ではまだ入らないみたいです。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です