Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □WebMail でどこでも指来たす? その2

□WebMail でどこでも指来たす? その2

だいぶ前のバージョンのhorde/impはかなりもっさりしていて、通常時の
使い物にはなりませんでしたが、現在のバージョンになって、すこぶる
快適になりました。これもPHPの処理速度が大幅に向上したためですかね?

今回は WebMail を複数のバーチャルドメインで使用する方法を解説します。

あつかうドメインを全て列挙してユーザーにアクセス先のドメインを選択
させてもいいのですが、他人のドメインが見えるのは色々と問題があると
思います。

手っ取り早くするには、http://example.com/horde/imp/ でアクセスして
来た場合に、「example.com」の部分により自動的にアクセス先のメール
サーバーを切り替えてくれるのがいいですね。

以下にポイントを示します。

1.パスワードなどがエラーとなったときに、horde/imp が動いている
  サーバー名に強制的にリダイレクトされないように、Apache の設定
  を下記のように修正します。

> UseCanonicalName Off

2.imp/config/conf.php を修正してサーバーの一覧を表示しないように
  します。

> $conf[‘server’][‘server_list’] = ‘hidden’;

3.imp/config/server.php に扱うドメインを設定します。

(例:fwnet.or.jp と yebisu.jp を扱う場合)
> $servers[‘webmail.fwnet.or.jp’] = array(
>???? ‘name’ => ‘webmail.fwnet.or.jp’,
>???? ‘server’ => ‘mail.fwnet.or.jp’,
>???? ‘protocol’ => ‘pop3’,
>???? ‘port’ => 110,
>???? ‘folders’ => ”,
>???? ‘namespace’ => ”,
>???? ‘maildomain’ => ‘fwnet.or.jp’,
>???? ‘realm’ => ‘fwnet.or.jp’,
>???? ‘preferred’ => ‘webmail.fwnet.or.jp’
> );
>
> $servers[‘webmail.yebisu.jp’] = array(
>???? ‘name’ => ‘webmail.yebisu.jp’,
>???? ‘server’ => ‘mail.yebisu.jp’,
>???? ‘protocol’ => ‘pop3’,
>???? ‘port’ => 110,
>???? ‘folders’ => ”,
>???? ‘namespace’ => ”,
>???? ‘maildomain’ => ‘yebisu.jp’,
>???? ‘realm’ => ‘yebisu.jp’,
>???? ‘preferred’ => ‘webmail.yebisu.jp’
> );

これで、外部から

http://webmail.fwnet.or.jp/horde/imp/
http://webmail.yebisu.jp/horde/imp/

でアクセスをした場合、それぞれのメールサーバーにアクセスします。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です