Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □xinetd

□xinetd

参考URL:
http://www.xinetd.org/

tar xvzf package/xinetd-2.3.14.tar.gz
cd xinetd-2.3.14/
./configure –prefix=/usr
make
make install

でもって /etc/inetd.conf の xinetd 用への変換だけど、説明では

xinetd/xconv.pl < /etc/inetd.conf > /tmp/xinetd.conf

としろと書いてあるけど、何をとちくるったのか、この xconv.pl は
2.3.3 まではC言語みたいなコメント文があって、これを直さないと
動きません。2.3.5 からは大丈夫です。

> #!/usr/bin/perl
> /*
> * (c) Copyright 1998-2001 by Rob Braun
> * All rights reserved. The file named COPYRIGHT specifies the terms
> * and conditions for redistribution.
> */

という部分です。

/tmp/xinetd.conf を編集して /etc/ にコピー
/etc/rc.d/rc.inet2 を xinetd が起動するように編集

> # Start the INET superserver.
> if [ -f /usr/sbin/xinetd ]; then
>???? echo -n ” xinetd”
>???? /usr/sbin/xinetd -pidfile /var/run/xinetd.pid
> elif [ -x $NET/inetd ]; then
>???? echo -n ” inetd”
>???? $NET/inetd
> else
>???? echo “no INETD found.? INET cancelled!”
>???? exit 1
> fi

補追:プロセスID(PID)の出力方法

xinetd のバージョンによって異なるが、2.3.10 以降では

/usr/sbin/xinetd -pidfile /var/run/xinetd.pid

とするとプロセスIDを出力するので、システム監視に使える。

補足:RECORD というパラメータが消えた?

defaults 内で、ログインに失敗したら… のときに RECORD という
パラメータが使えなくなりました。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です