Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □CentOS6.4のKVM環境でUSBパススルー(PCIパススルー)

□CentOS6.4のKVM環境でUSBパススルー(PCIパススルー)

CentOS6.4をホストとしたKVM環境にて、仮想マシン(VM)にホストのUSBデバイスをパススルーしようと思ってあれこれやってみたけれど、結論から言うとCentOSではQEMU-KVMのバージョンが古すぎ(Version : 0.12.1.2)なので、USBパススルーがまともにできないということがやっとわかった。

まぁハードウェアをVM側で使いたいなんていうのは自宅サーバーでだけなので、ここは素直にCentOSでの構築を諦めて、ホストOSだけはFedoraで行くことにする。

ちなみにFedora(今のところ最新は18)なら、QEMU-KVMも1.2.0だし、本家が1.4.0になっているけどまぁ1.0より上ならOKということで、CentOSでがんばってQEMU-KVMのバージョンアップしてしまうよりもいいだろうと。

だってCentOSでがんばるとカーネルそのものもオリジナルになってしまうので、パッケージ管理の利点がなくなってしまう、というか yum -y updateしたらあれれーなことになってしまうことは明白なので。

…というあきらめのメモだけ残して、とっととFedora18で再度環境構築してみます。

※がんばってソースからコンパイルしてインストールという趣旨とは著しく乖離することをお詫びいたします。:-(

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です