Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » libevとOpenSSLを使ったイベント駆動型サーバー

libevとOpenSSLを使ったイベント駆動型サーバー

先日、#koedolug でちょろっと発表した、libevとOpenSSLを使ったイベントドリブン型のサーバーソフトの基本構造をGitHubにアップしました。

https://github.com/disco-v8/EvServer

タイムアウト処理も盛り込んでありますが、まだクライアントから受け取ったメッセージを標準出力するだけで、echoサーバーにもなってません。

とはいえ、あとは受け取ったメッセージを加工して、接続しているクライアントに送り返したり、本来の目的であるコネクションプールソフトとか、まぁいろいろと応用できるかなと思います。

何はともあれ、libevとOpenSSLを使ったサーバーのサンプルソースで一挙手一投足まで説明しているソースが見当たらなかったので、参考になればと思って公開します。

ソースの解説勉強会とか需要ありますかね?という自分も、libevもOpenSSLもまだまだ理解途中ではありますが。💦

今後の予定は、evs_main.cのヘッダ部分にも書いてあるように、本来の目的である各種高度処理モジュールの作りこみですね。

これでしばらくいろいろと応用できるかと思いますし、この手の(カスタマイズした専用サーバーとか)お仕事のお話も来るといいなー、とか言ってみたりして。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です