Linux Install Memo

サーバー管理者によるLinux関連ソフトのインストールメモ

Home » □CentOS8のカーネルバージョンを最新にする

□CentOS8のカーネルバージョンを最新にする

まずはel-repoが参照できるようにする。

rpm --import https://www.elrepo.org/RPM-GPG-KEY-elrepo.org
rpm -Uvh https://www.elrepo.org/elrepo-release-8.1-1.el8.elrepo.noarch.rpm

el-repoが参照できるようになったら、カーネルを探す。

dnf --enablerepo=elrepo-kernel search kernel

kernel-mlやkernel-ltが見えるようになったら、さっそく入れる。

dnf --enablerepo=elrepo-kernel -y install kernel-ml

入ったら再起動。

reboot

で、無事に起動したら、あとはヘッダーやライブラリ関係、toolやdevelなどを切り替える。

dnf --enablerepo=elrepo-kernel -y swap \
kernel-headers -- \
kernel-ml-headers

dnf --enablerepo=elrepo-kernel -y swap \
kernel-devel -- \
kernel-ml-devel

dnf --enablerepo=elrepo-kernel -y swap --allowerasing \
kernel-tools -- \
kernel-ml-tools

※最後のkernel-toolsは、自動削除(–allowerasing)をつけないと、kernel-tools-libsとの相互関係でswapできない。

で、一通り掃除が終わったか確認。

rpm -qa | grep "^kernel" | sort

OKなら、念のため再度rebootするといいと思う。

問題ないなら、もともとのカーネルを外して終わり。

awk -F\' '$1=="menuentry " {print i++ " : " $2}' /etc/grub2.cfg
grub2-set-default 0
grub2-editenv list

dnf -y remove kernel-core kernel-modules kernel-debug-devel

これで最新のカーネルで動かせる。

Name of author

Name: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です